子宮内膜症の対症療法とは?

MENU

子宮内膜症の対症療法とは?

子宮内膜症,症状,対症療法

子宮内膜症の症状は、主に激痛が走るものから始まります。病状が進行すると痛みだけではなく、頻尿や下痢なども見られるようになります。

 

子宮内膜症の治療法であるホルモン療法では、副作用も見られますし、手術療法でも体に負担がかかって大変辛いものです。
この2つの療法は、症状が重い人を対象にしています。

 

では、子宮内膜症の病状が比較的軽い人はどんな治療をしているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

症状の軽い人には、薬物療法という治療法があります。
この薬物療法は、子宮内膜症の症状が軽く、病気が進んでいない段階で行われる治療になります。
症状として痛みが出てくるので、鎮痛薬を飲み始めます。

 

月経痛が緩和されるお薬ですが、これで少しでも楽になれば気持ちが違いますよね。

 

また、低用量ピルも使われることがあります。
これは、女性ホルモンの分泌を調整して、月経痛を穏やかにしてくれる働きをしてくれます。

 

さらに、このピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合している経口避妊薬としても言われています。
この低用量ピルは、妊娠をコントロールするときに服薬しますが、医師の指示を仰ぐことが必要です。

 

内服の仕方は、1日1錠ずつ内服し21日間続けます。
その後の7日間は、服薬せずに月経をコントロールしていきます。

 

長期にわたり、毎日飲み続ける必要があるので、うっかり飲み忘れないでくださいね。

 

注意して欲しいことは、ピルは以下の疾患を持っていた、持っているという人には内服ができないことがあります。

 

その疾患は、乳がん、子宮がん、子宮筋腫、高血圧、肝臓疾患、血栓性の病歴がある人、不正出血がある人などです。
また、35才以上で1日に15本以上の煙草を吸う人なども、医師から内服を止められる場合があります。

 

この他にも、漢方薬が使われることもあります。
漢方医学からの子宮内膜症の原因は、冷え性、血行不良、ストレスなどが考えられています。

 

漢方薬は、即効性があまり期待できないのですが1〜2ヶ月程で、変化が見られます。
大事なのは、自分に合った血行改善の漢方薬を専門店で処方してもらうことですね。

スポンサーリンク