子宮内膜症の問診&内診

MENU

子宮内膜症の問診&内診

子宮内膜症の問診&内診

子宮内膜症に似た症状があるから、「もしかして…?」と不安に陥りますよね。少しでも気になったら、念には念を入れて婦人科がある病院で子宮内膜症の診断を受けてみましょう。

 

生理中でも婦人科の診療を受けることは可能ですが、検査内容によって制限が出てきてしまうこともあります。
出来ることなら、生理が終わってからの受診が最善だと思います。

 

診断にはいくつかの検査項目があり、問診→内診の流れになっています。

 

初めて子宮内膜症の診察を受ける場合は、問診票が渡されて質問に答えていきます。

 

スポンサーリンク

 

問診票の内容は?

質問項目は、以下のような質問されると思います。

既往歴について
家族に婦人科系の病気(子宮がん、子宮筋腫 など)にかかったことがあるか?
月経の量がどのくらいか?
月経周期の乱れはあるか?
月経痛はどの程度か?
月経の周期は何日くらいか?
月経は何日くらい続くか?
妊娠の有無?
初経の時期?
現在、内服中の薬の有無は?
気になる症状は何か?
症状のある部位はどこか?
いつくらい前から気になる症状が出始めたのか?

 

…などがあります。

 

もちろん病院によって、質問内容が若干違いがあると思います。もし基礎体温表を付けているようなら、診察の際に持っていくと診断の1つの目安となります。

 

スポンサーリンク

 

内診の内容は?

子宮内膜症の問診&内診

問診を記入したら、次は内診です。

 

内診では子宮が周辺の臓器と癒着して動かなくなっているか、子宮の硬さと大きさ、さらに卵巣の大きさ、痛みの有無などを調べたりします。

 

子宮内膜症の診断は難しいものだと言われているので有効な方法なのです。

 

子宮内膜症の内診は、内診台に上がり膣の様子などを診てもらいます。
実は、この内診がもっとも的確な診断が出来る方法なんですね。

 

妊娠されたことのある人は、1度経験したことのある検査です。

 

内診の時は、下着を脱ぎますので、ズボンよりもゆったりしたスカートを履いていくのをオススメします。
濃い色のスカートの方が、万が一出血など汚れてもあまり目立たず、安心して帰ることができます。
できればナプキンを一枚用意しておくと、もしもの時に便利です。

 

ところで、内診方法とはどのようなものでしょうか?

 

内診は、外陰部をみて、膣鏡という器具を膣へ挿入して膣の中の様子を診ます。
その後は、子宮の硬さや子宮内膜症のある人にも見られる子宮筋腫の有無、卵巣の異常があるかどうかを指を入れて触診をします。

 

その他にも、痛みがある部位によって違いはありますが、肛門から診察する直腸診を行うこともあるようです。
直腸診では、子宮の後ろ側にあるダグラス窩から卵巣にかけての病変の広がりを確認します。

 

内診や膣鏡診、直腸診の際に、性経験のある女性ならば大きな苦痛を伴うことはありません。
ただ緊張すると診察できないので、リラックスしてくださいね。

スポンサーリンク