子宮内膜症の精密検査

MENU

子宮内膜症の診断の方法 〜精密検査〜

子宮内膜症の精密検査

子宮内膜症であるかどうかは問診や内診をして診断を進めていきますが、はっきりと診断ができない場合や子宮内膜症の疑いがある場合、病巣部位を正確に特定する精密検査を行います。

 

精密検査にもいろいろあり、はじめに超音波検査を行います。
超音波は、異物に当たると跳ね返ってくるのを利用した画像処理した検査方法です。

 

子宮内膜症の超音波検査は、腹部超音波診断経膣超音波診断とがあります。

 

腹部超音波は、ベッドに仰向けになり、腹部にエコーを当てて画像診断する方法です。
経膣超音波では、膣の中に超音波の細い器具を入れて画像診断します。

 

どちらかというと、経膣超音波診断のほうが子宮や卵巣に近づけますし、はっきりとした画像診断を受けられますね。

 

また、超音波検査でも病巣がはっきりしない場合には、腹腔鏡などで直接内部を調べるもの1つの手段ともなっているようです。

 

スポンサーリンク

 

画像診断と血液検査

その他の検査方法には、CTやMRIなどの画像診断血液検査で調べる方法もあります。

 

CT(コンピューター断層撮影装置)

これは、横になり体を輪切りにしてく方法です。
通常のレントゲン検査よりも精密度が高く、放射線を当てることがないので、ガンへのリスクも低いです。
婦人科では、子宮内膜症や腫瘍を調べるときに有効な検査です。

 

MRI(磁気共鳴画像法)

これは、強い磁気と電磁波で体を断面化して診断します。

 

CTよりも診断画像は優れており、子宮内膜症の成分と似たような内容物との違いも見分けもできる優れモノです。
婦人科では、卵巣ガンや子宮筋腫、子宮内膜症の診断に活用されています。

 

血液検査

子宮内膜症の精密検査

血液検査という方法は、採血するだけですのでとても簡単です。

病気がある人の血液中には、病気特有のガン細胞が作り出す物質が多くみられます。

 

健康な人には見られない特殊な物質が、腫瘍ができると大量に作られ、血液中に出現します。
この特殊な物質のことを腫瘍マーカーと呼ばれています。

 

その特殊な物質である腫瘍マーカーの数値が基準値よりも高ければ、病気とお付き合いしていることとなります。
また、病気の治療の経過をみるためにも血液検査が行われます。

 

検査内容によっては、簡単なものから精密な方法などさまざまでしたね。
迷っている人は、簡単な診断から受けてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

忙しくても検査を!

慌ただしい生活を送っている人は、なかなか検査を受けずに過ごしていらっしゃることと思います。
早期発見や早期治療が大切なことは分かるけど、ついつい…と大切な病気のサインを見逃してしまうこともあります。

 

現に、ある病気の症状が出てから病院の外来でガンが発見される人より、検診によってガンが発見された人の方が治療できる割合が多いのです。
したがって、定期的な検診を行い、早期のガン発見を見逃さないようにすることが重要です。

 

忙しくて検診が受けらない、金銭的に余裕がないので受けらない、といった人でも自宅で手軽にお財布にも優しいガン検診ができることをご存知でしたか?

 

自宅でできる血液検査→デメカル血液検査キットへ。

スポンサーリンク