子宮内膜症の原因は?

MENU

子宮内膜症の原因は?

子宮内膜症の典型的な症状である痛みですが、では、いったい原因はどこから来るのでしょうか?子宮内膜症の原因は、現在まで完全に解明されていません。
子宮内膜症が増えている理由もいろいろとありますが、完全に説明できませんが、どちらかというと若い世代に起こりやすいという結果は出ています。

 

子宮内膜症とは、本来であれば子宮の内腔にしかできない子宮内膜が別のところへできてしまい生育してしまう状態のことをいいます。
初期症状が出ない場合もあり、ほうっておくと危険な状態になることもあります。

 

現在まで、子宮内膜症が起きる原因には、いくつかの説があります。

 

スポンサーリンク

 

まず1番目が、子宮内膜移植説です。
通常、生理が起きた時に、血液が体外へ出ていきますが、その血液が卵管の方に逆流して腹部付近にとどまってしまうという理由です。

 

2番目の説が、体腔上皮生説です。
腹膜が、なんらかの影響で子宮内膜へ変化してしまうというのです。

 

それから最近では、アレルギーという説も出ています。

 

このように子宮内膜症の原因は、完全には分かっていません。
その他、子宮内膜症の原因とは言いませんが、若い世代に多い理由には、生理の回数や妊娠と関係がある場合が多いとされています。

 

子宮内膜症になっている人の中には、不妊治療を行っている方が比較的多いという結果も出ています。

 

ただし、これらの原因は、100%解明されたものではないので生理痛がひどくいつもと違うと感じた時や腰痛がひどい時などは婦人科の診察を受けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク