子宮内膜症ってなんだろう?

MENU

子宮内膜症ってなんだろう?

子宮内膜症ってなんだろう?

子宮内膜症という病気の名前を、女子は1度くらいなら耳にしたことはあるのではないでしょうか?子宮内膜症は、主に20〜30歳代の女性に多くみられる、病気の1つです。

 

では、子宮内膜症は体の中でどんなことが起こっているのかをお話します。

 

スポンサーリンク

 

なぜ子宮内膜症が起きる?

子宮内膜症,症状

月経時に不要となった血液を子宮口から排出します。

これが生理(月経血)ですね。

 

その一部の月経血が卵管を通って腹腔内に逆流することがあります。
逆流した血液中には、子宮内膜細胞が浮遊しています。

 

その細胞が子宮以外の場所で落ち着いてしまい、子宮内膜と似た組織を作り広がっていきます。

 

この組織は月経時と同じように細胞から血液が出ますが、子宮口のような排出する出口がないのでその部位に溜まるしかなくなるのです。

 

これが子宮内膜症です。

 

貧血気味をお持ちの人は、その血液を取っておきたいものですね。
溜まった血液は、体にとっては通常ないものですが、痛みが徐々に出てくるようになります。

 

えっ?月経時に痛みなんてよくあることよ!
…と思っている人は少なくはないと思います。

 

確かにその通りですが、組織が大きくなると、症状も激しい月経痛、下腹部に組織の癒着があるので骨盤の痛みや排便痛、性交痛などが感じられるようになってきます。

 

こんなに小さい体内で、こんなことが起こっているなんて想像できないものです。

 

ちょっと気にして欲しいことは、子宮内膜症は悪性ではないながらも良性の腫瘍ですし、骨盤内臓器に癒着や肥大があると子供が出来づらくなるとも言われています。

 

また、卵巣内に子宮内膜のような組織が作られると、卵巣がんへと変わるとも言われています。

 

病気について、少しの知識を身に付いただけでも、将来のことを考えると不安を隠せません。

 

スポンサーリンク

 

治療法にはどんな?

では、どんな治療方法があるのでしょうか?
大まかに分けると、2種類あります。

 

薬物療法

月経をコントロールし、ピルなどを使うホルモン療法と対処療法があります。

 

手術療法

病巣と周辺にある組織を取り除く療法と病気を起こしてしまう子宮と卵巣を病巣と一緒に取り除く方法とあります。

 

女性が男性と同様、働く場が増えたことは喜ばしいことですが、現代では切っても離れないストレス社会です。
そのようなストレス社会の中で、働く女性にとって何かと大変なことがあると思います。

 

最初のステップとして、体に不調が出た時は、まず医師に相談してみるようにしましょう。
早期発見と早期治療は大切ですから。

スポンサーリンク