PMSの症状かなと思ったらチェックしよう!

女性のみなさん、ある日、生理前もしくは生理後と比べて、普段とはちょっと違う自分になっていませんか?

 

何かがおかしい…。
どこか心身に不調をきたしているのか…?

 

それは、もしかしたらPMSかも?生理前に現れるPMSであれば、どんな症状が現れたとしても生理後には解消されるのが普通です。

 

けど、分かっていて何とかやり過ごしている女性が多いのではないでしょうか?場合によって、PMSかと思っていたら、実は、別の病気だった!というケースも考えられます。

 

ここで、PMSかどうかを確認できるチェック方法をまとめてみました。
普段の自分とは何となく違うなぁ〜と思ったら、まずはセルフチェックしてみましょう。

 

どんな症状が出ているか、発症の時期はどうかなど、PMSチェックを行うことで、病院に行くべきかどうかを検討してみてください。

 

スポンサーリンク

 

PMSのチェック!カラダとココロ

以下に、PMSで見られやすい身体的症状と精神的症状についてまとめてみました。

カラダの症状チェック

・体全体がむくむ
・体全体が重たいと感じる
・普段と同じ動きをしても、息が上がりやすい
・乳房が張っている
・下腹部に膨満感がある
・下痢や便秘がある
・腰が痛い、あるいは腰が重たいと感じる
・急にのぼせたようになる、あるいは冷や汗がでる
・とにかく眠たい
・吐き気がする、あるいは嘔吐してしまう

ココロの症状チェック

・イライラする
・急に落ち込む
・急に興奮する
・何かをする気が急に失せる
・不安が強くなる
・一人でいたくなる
・くよくよする
・涙もろくなる
・集中力が落ちる
・出かけるのが億劫になる


 

該当する項目がありましたでしょうか?

 

これらがPMSで見られやすいカラダとココロの症状です。

 

実は、月経前不快気分障害(PMDD)というのがあり、これはPMSの一つです。
カラダとココロは密につながっていますからね。

 

特にイライラは周囲の方へ向けられると、その後の月経が始まっても抑うつが続く要因となる可能性があります。
今後のためにも、婦人科で診てもらったほうが安心かなと思います。
受診前に、このPMSチェックを見てあてはまるものをメモするといいかもしれません。

 

病院で受診し、処方薬の内服で月経前の症状が軽くなりますから!

 

 

日頃の行動もチェックを!

PMSの症状は、何もカラダとココロだけではありません。
実は、PMSの症状の影響で、次のように見られる普段の生活行動もあるのです。

 

これらの行動のうち、一つでもあったら、それはPMSかも?

ココロの症状チェック

・本など勉強に集中できない
・恋人や友人に八つ当たりしてしまう
・食欲旺盛で、どんどん食べてしまう
・食欲がなく、食べたくない
・カラダを動くのが億劫になる
・ミスがいつもより多くなってしまう
・物忘れがひどくなる
・衝動買いしてしまう
・感情をコントロールできない
・人に暴言暴力してしまう

 

普段の生活パターンとは異なる行動面が見られていませんか?
「こんなはずではなかったのに…」と普段の自分ではないと感じたら、それはPMSかもしれません…。

 

 

基礎体温チェックも!

カラダとココロ、そして行動を含むPMSの諸症状を自分の状況に当てはめて、チェックした数によってPMSかどうかを簡単に判断する方法を紹介しました。

 

しかし、それだけでは結果が曖昧というのも事実です。
もう一つ加えておきたいPMSチェック法が、基礎体温です。

 

基礎体温を毎日つける習慣があると、生理の時期やリズムがハッキリ分かってくると思います。
スマホをお持ちの方は、基礎体温をつけるアプリがあるので、そちらを使えばごく簡単ですよ。

 

そろそろ次の生理が来る頃だと思った時期に、不快な症状が現れれば、PMSだと概ね判断してもよさそうです。

 

もしも気になる症状が、生理前とは別の時期に現れているとしたら、婦人科系の病気の可能性もあるかもしれません。
そういう時は迷わずに一度、病院で検査を受けてみてくださいね。

 

セルフでPMSチェックをしてみると、自分の症状にどのような傾向があるかも見えてきます。

 

すると症状が出ている間にどう過ごせばいいか、どんな対処が適切かも切り分けやすいのです。
効果が出る対処を早めにしたほうが不快が緩和されるので、無駄な対処をして余計なストレスを増やさないようにしましょう。

 

慌てて薬を飲む前に、PMSチェックを忘れずに!

 

スポンサーリンク