漢方薬でPMS対策!

PMS,症状,対策,漢方薬

PMSの症状には個人差があり、病気だとは捉えない人も多いものです。大抵の人は日常生活を送りながら不快な症状に耐えており、症状が辛くても医薬品の服用は控える人もいます。

 

なぜなら、医薬品には副作用が出る可能性があり、過剰に摂取すれば化学成分が体内に溜まってしまうこともあるためです。

 

PMSの症状には何十年も付き合わなければならない女性も少なくはないです。毎月のようにやってくる症状に、穏やかな方法で対処するために漢方薬を選ぶのもいいでしょう。

 

ここでは、漢方薬でのPMS対策についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

漢方薬でPMS対策!

日本産科婦人科学会では、PMSの治療に漢方薬の使用も勧めているそうですね。
漢方の考え方としては、PMSが起こる原因を血・水・気のバランスが乱れるためとしています。
血の巡りが悪くなり、ホルモンバランスの変化で水分調節に問題が生じ、精神に乱れが出てくるというわけです。

 

ピルのような薬はホルモンの分泌に直接働きかけるのですが、漢方薬の場合は違います。漢方薬は、単なる症状を鎮めるものではなく、体質を見て薬が合うか合わないかを決めています。
体の自然な状態にしたがってゆっくりと体質を改善していくわけですね。

 

つまり、どのような漢方薬が処方されるかは、出てきている症状によって分かれます。

 

市販の漢方薬は別として、漢方医が処方する薬は個人ごとに千差万別ですから、同じPMSの症状でも人によって薬が異なることはよくあります。

 

では、PMSの漢方薬といったら、どのような種類があるのでしょうか?

 

 

市販の漢方薬でPMS対策するなら

市販の漢方薬で試すのであれば、まずは症状に合ったモノを選ぶようにしてくださいね。

 

桂枝茯苓丸料

PMSの漢方薬とし、まず挙げられるのがこの薬で多くの人が用いています。
のぼせや肩こり、生理痛などを緩和させてくれます。

 

桂枝加竜骨牡蠣湯

これは特に、PMSの症状として出る神経質、イライラに効果をもたらしてくれます。

 

当帰芍薬散

PMSで出やすいむくみに効果のある漢方薬です。
他に、頭痛やめまい、冷え性が顕著な場合は、当帰芍薬散料をオススメします。

 

加味逍遥散

PMSではイライラや胸の張り、便秘や頭痛などの症状が出現します。
イライラしていると周囲の人に迷惑をかけてしまいますよね?
ですので、この漢方薬はこれらの症状を持つ方に合うお薬となっています。

 

抑肝散

神経の昂りによっておこる不眠症や筋肉のけいれんが出やすい方に効く漢方薬です。
生理前にみられるイライラや神経症、妙に神経質になったりする気質、不眠という症状も緩和してくれます。

 

補中益気湯

体のだるさや眠気などに対処したい場合は、こちらの漢方薬がオススメです。

 

一口にPMSの漢方薬といってもたくさんの種類がありますから、ドラッグストアで探す場合も薬剤師に相談するといいですよ。
お薬が嫌いな人もいるかもしれませんが、漢方薬はお薬ではあっても、体の自然治癒力を伸ばしてくれるお薬です。

 

 

婦人科でも希望すれば漢方薬を!

婦人科でも希望すれば漢方薬による治療を受けることが可能です。
健康保険も適用されるので、費用を抑えたい人にはオススメですね。

 

そもそも漢方薬はその人の体質に合う合わないかによって効果が大きく変わってきます。
知識もなく素人の判断で漢方薬を選ぶのは至難の業かもしれません。
ですから、不安な方は医師による診察を受けたほうがメリットが多いと思います。

 

診察や検査などを受け、PMSの背景に潜んでいるかもしれない子宮や卵巣の病気をもしかしたら発見できる可能性もありますからね。

 

ぜひ、PMSに効く漢方薬を試してみてください。

 

スポンサーリンク