ピルでPMS対策を!

PMS治療として使われるピルという薬があるのを知っていますか?ピルと聞くと、以前だったら避妊のために使われることが多かった薬のように思います。

 

実は、ピルには他の用途もあるんですね。例えば、どうしても生理痛が辛くて日常生活に支障が出るほどになっているという場合、ピルを服用することで痛みなどを軽減させることも可能です。

 

ここでは、PMS対策のために用いるピルについてお伝えします。

 

 

なぜ、ピルがPMS対策に?

PMSは運動や食生活で一部改善できると言われていますが、薬の内服で改善できるのは、ピルがあります。

 

ピルには、黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれています。
黄体ホルモンとは、排卵後に黄体と呼ばれるものから分泌されるホルモンで、排卵前にも分泌はされていますが、排卵後に急激に放出量が増えるホルモンです。

 

そして、これと卵巣からのホルモン(エストロゲン)のバランスの不良がPMSに関係しているのです。

 

ですから、ピルを内服することによって、常に排卵状態に子宮を置くことができ、エストロゲンとのバランスを一定に保つようになります。
女性ホルモンのバランスを整える作用を持つピルだからこそ、pms対策や治療として用いられるようになったのです。

 

 

ピルの副作用はどうなの?

ピルを飲み始めて28日くらいに、女性ホルモンがピルのホルモンに置き換わってきます。
女性ホルモンのバランスが体の中で大きな変化を遂げるため、吐き気を催す、頭痛、不正出血、胸が張って痛いなどの副作用が出現する人もいます。

 

ピルに含まれるプロゲストーゲンは卵巣で作られるプロゲステロンと異なって、むくみや体重増加、ニキビといった男性化作用が出現することもあるようです。

 

確かにピルの副作用がきになりますが、昔と違って、現在では低容量ピルという成分量が控えめのピルがあり、副作用もさほど心配なくなってきています。

 

PMSでピルを継続的に服用することで、生理前のホルモンバランスの激しい変化があまり見られなくなります。

 

そのため、PMSの症状に苦しんでいた人も少なからず楽になるはずです。
もちろん身体的な症状だけでなく、気持ちが落ち着かないという精神的な症状も緩和することも!

 

もし自分に合うピルではなかったとしても、漢方薬やサプリメントという手段もあります。

 

 

PMSのためのピル処方

PMSでピルを服用するには、婦人科でのみ処方することになっています。
低用量ピルが中心ですが、これを飲んでいる人の約8割はPMSや更年期障害、生理痛など女性特有の病気の改善の目的で使用しているのです。

 

医師にピルを服用したい旨を話してみてくださいね。

 

最近では、ネットで個人輸入なども簡単になりましたが、ピルには飲み方にルールがあるため婦人科で処方してもらうのが一番安全です。

 

薬の価格についても高価なのではないかと懸念されがちですが、病院によって差があるとはいえ3,000円程度以内にはおさまるくらいの価格だと思います。
ですから、決して高価というわけではありません。

 

たとえPMSの薬に抵抗がある人でも、痛みに我慢して生活を続けるのも健康的とはいえませんから、一度婦人科で医師に相談してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク