PMSを予防するための基本的な方法は?

PMSに悩まされている20〜40代。症状は年代によって異なるので、症状にあった対策を講じることが重要です。
特に30代の方はPMSの症状に悩んでいる方が他の年代に比べ多いようです。
30代といえば、仕事や育児、家事など、とにかく多忙な年代ですから、知らぬ間にストレスがたまってPMSの症状を重くしてしまうという悪循環もありますからね。

 

ところが、症状に対して対処法を取っている人が多いかと言われれば、決してそんなことはないようです。
あるアンケートでは、PMSに対する対処法について、約40%の女性が”特に何もしてない”という結果報告がありました。

 

スポンサーリンク

 

PMSの予防で大切なことは?

PMSを予防するための基本的な方法は?

アンケート結果から分かる通り、PMSを予防する方法があることを考えたことのない女性が多いかもしれませんね。

 

逆を言えば、それほどPMSが起こるのは当たり前のことと思っている人が多いのが現状でしょう。

 

確かに、生理前には必ず黄体ホルモンが増加することになるのですし、それによって女性ホルモンのバランスが乱れて心身に変調をきたすのは当然のことかもしれません。

 

しかし、体調変化の程度によっては、当たり前と流すのは危険です。
時には不妊の原因ともなり、不快でしかないPMSの症状を緩和させることは、人生を豊かにするために欠かせないといってもいいでしょう。

 

起きてしまってから対処するよりは、PMSを予防できたら何よりですよね?

 

PMSの予防には、いろいろあるのですが最も簡単といえる方法があります。
一つには、規則正しい生活を心がけることです。

 

そんなことを言っても、仕事や勉強が忙しい、家事に追われて時間がないという意見も多いでしょう。

 

朝は日が昇ったら起床して、夜は日が暮れたら早めに寝るという人類が、大昔から体内時計にセッティングしてきたルールを守れば、体は素直に機能してくれるはず。

 

特に顕著なのが、自律神経です。
自律神経が整えば、ホルモンの働きもバランスが保たれてきます。

 

こうした流れで、規則正しい生活習慣はPMSの予防になり得るのです。

 

食事で栄養のバランスを整えたり、適度に運動をすることもPMSの予防として役立ちますね。
本来、人間がすべき基本的なことを守るだけですから、これほど簡単なことはないのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク