PMSで吐き気があった時の対処法

PMS,症状,対処,吐き気

 

PMSの症状は実に人それぞれで、ひどい人では吐き気を催す人もいます。
本当はPMSなんだけど、吐き気を感じるともなると妊娠を疑う人もいるかもしれませんよね?

 

そんな時は妊娠検査薬を用いたり、基礎体温を計るなどしてセルフチェックしてみるのも一つの方法です。

 

もし体温が高い状態が続いているなら、妊娠の可能性が高いので、早期妊娠検査薬を使ってみるのもいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

なぜ吐き気が?

PMSの吐き気は、女性ホルモンのバランスが著しく乱れることから起こります。
卵胞ホルモンの分泌が高まり、妊娠していなければ排卵となって黄体ホルモンの分泌が増えてきます。

 

そこからがPMSの始まりで、大体生理前まで不快な症状が続きます。
通常、生理が終われば元のホルモンバランスが回復されますから、心身ともに安定した状態になれます。

 

生理が来てしまえば吐き気も抑えるので、一時的なものと受け止めて気を揉みすぎないようにしましょう。

 

 

PMSで吐き気があった時の対処法は?

ある時、突然、吐き気を催してしまったら…、次の対処法がありますので慌てずに試みてくださいね。

 

深呼吸
サプリ
ツボ押し

 

ゆっくり深呼吸を…

まず気持ちを落ち着かせるためにも、深呼吸することです。
吐き気がある時は気分も興奮していて、お腹に力が入りやすくなっています。

 

深呼吸をすることでお腹の力を緩め気分を鎮めることもでき、興奮状態を収めることができます。

 

サプリで落ち着かせよう!

深呼吸でもPMSの吐き気を治まらないのであれば、サプリを常備しておくといいでしょう。
サプリの場合は、チェストツリーが代表的ですが、プラセンタや月見草なども試してみるのもオススメです!

 

ちなみにプラセンタは、羊や豚、牛などの胎盤から採取したもので、自律神経の状態を整える働きがあります。
しかも女性なら嬉しい若返りの効果も期待できます。

 

一方、月見草はガンマリノレン酸を含まれており、大変希少価値の高い栄養成分となっています。
月見草はPMSでの吐き気の対処に使われるサプリとして知られています。

 

薬で落ち着かせよう!

病院で低容量ピルや漢方薬を処方してもらえば、かなり楽になれる可能性が高いですよ。
漢方は、帰芍薬散料や五苓散量など6種類ほどがあり、どれも吐き気を抑えてくれます。

 

ツボ押しで一時的に楽になろう!

手首付近に1か所、脚全体には7か所のツボがあり、吐き気を抑えてくれるツボです。

あわせて読みたい
生理痛緩和のための体操とツボ

 

以上が吐き気を催した時の対処法を紹介しましたが、まずは試してみて自分に一番向く方法を見つけておくことは大切かなと思います。

 

PMSの吐き気は、どうにも我慢のできない吐き気であることがほとんどです…。
確かにツライけど、大切なことはPMS全体の症状を緩和させるために工夫して対策することです。

 

全体的に対策を講じることで、吐き気という症状緩和につながりやすいはずですからね。

 

スポンサーリンク