PMSは薬膳で対策!

生理前の数日間に現れるあのPMS…、しんどいですよね?お薬に頼らず症状を緩和する方法には、、ハーブティーや薬膳があります。薬膳という言葉、一度は耳にしたことがあると思います。
これは、病気の予防や回復、健康維持や体質改善を目的するための薬膳料理のことをいいます。

 

イライラするとか体がだるい感じがするのは、中国の医学では病気ではなく体全体のバランスの崩れが原因と考えるようです。

 

薬膳で体全体のバランスを整えて不調を改善し、健康な心身を取り戻すわけです。
薬膳は単なる料理ではなく、”薬”という字があるように中薬を使うわけですが、身近な食材でも薬膳料理を手軽に作ることができます。

 

ここでは、栄養素とPMSに効く薬膳についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

生理前に必要な栄養素って?

PMSは薬膳で対策!

生理前は卵巣や黄体から分泌されるホルモンのバランスが不良でイライラしがちです。

そんな時必要になってくるものに、セロトニンという気分の安定に欠かせない神経伝達物質があります。

 

アミノ酸からできているセロトニンが作られるために必要な栄養素には、ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムがあります。
また、PMSの原因として潜在的な鉄欠乏性貧血も挙げられており、鉄分の摂取も推奨されるのではないかと思います。

 

ちなみに栄養素と栄養の違い、分かりますか?
一見同じ意味と思われがちですが、全く異なります。

 

栄養…食べ物を摂取し、食べ物に含まれる物質の働きによってエネルギー産生や体組織の構成・補充などをスムーズに行い、体内に不必要な物質を排泄するまでの一環した現象。
栄養素…栄養現象に関与する物質のこと。

 

つまり、体の外にある食べ物が”栄養素”。この栄養素が体内に入って消化して肉体に変わるまでが”栄養”となります。
PMSに良い薬膳で必要な栄養素を摂ることはできないでしょうか?

 

 

薬膳でPMSをやっつけろ!

各栄養素が含まれている食品を見てみましょう

ビタミンB6…カツオ、マグロ、レバー、牛乳、さつまいも、カボチャ、バナナ
カルシウム…チーズ、煮干し、牛乳、ヨーグルト
マグネシウム…のり、ひじき、納豆、大豆やアーモンドなど豆製品、トウモロコシ

 

PMSに薬膳と格好良くは行きませんが、この3つの栄養素をすべて摂取できるものに、サツマイモとバナナのヨーグルト掛けがあります。

 

レシピを紹介しますので、ぜひトライしてみてください。

 

サツマイモとバナナのヨーグルト掛けレシピ

サツマイモは茹でておいてくださいね。サツマイモもバナナも、1cmほどの厚みに切っておきます。
ヨーグルトをかけて召し上がりましょう。

 

サツマイモとヨーグルトの相性は、腸の調子を整えてくれるので、PMS時の下痢や便秘には効果があるのではないでしょうか?
お薬に頼らず、PMSの症状緩和には薬膳で…といきたいものですね。

 

スポンサーリンク