子宮内膜症の手術療法編 保存術式

MENU

手術療法編 保存術式

子宮内膜症と診断を受け、初期段階でホルモン療法を根気強く続けてきて病変を抑えられた人や病変が手強く広がった人もいらっしゃるでしょう。
子宮内膜症が進行し、病変が広がってしまった場合には、手術療法が取られます。

 

この手術療法は、全部摘出する方法と病巣部位のみを切除する方法とがあります。

 

ここでは、病巣部位のみを摘み取る術式についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

子宮を残す保存術式

子宮内膜症の病変部のみを摘出する術式は、妊娠や出産を将来的に希望している人に多く取られている方法です。
病変部だけを切除するわけですから、症状を軽減します。

 

子宮や卵巣も少なくとも一方は残すので、手術後に妊娠することは可能ですので、赤ちゃんが欲しい女性にはこの保存術式が適しています。
ただ再発率が高いので、注意が必要です。

 

子宮内膜症の手術のタイプは、開腹手術または腹腔鏡手術が用いられていますが、現在は腹腔鏡手術がポピュラーになっています。
腹腔鏡手術は、腹部に2センチほどの穴を開け、その穴から腹腔鏡を挿入します。
その他の場所にも、小さな穴を2〜5か所くらい開けて、ここから操作用の器具を入れモニターを見ながら手術を進めていきます。

 

病変部だけを取り除くこの保存術式は、検診でも見つけづらい子宮の後ろ側や前側などを隅々まで探し出して子宮内膜症の病巣を取り除くことができます。
検査でもこの腹腔鏡を使うのですが、状況によっては検査と同時に病変部の摘出や癒着剥離を行うことものあるのです。

 

これは、腹腔鏡手術ならではの大きなメリットと言えるでしょう。

 

手術時間は結構かかるんのでは?という疑問も出てきますね。
腹腔鏡手術にかかる時間は、病巣の大きさや癒着部位でも変わってきますが、60分〜180分ぐらいがかかると思ってください。

 

一方、病巣が大きい場合では、腹腔鏡手術を行えず開腹手術を行うことになります。
つまり、腹腔鏡手術で病巣が思ったより大きかった場合や癒着が激しい場合など、症状によっては、開腹手術が行われます。
体にメスを入れるのは、とても勇気のいることです。

 

しかも、妊娠や出産に大きく関わっていますので尚更ですよね。
この手術は、いずれも高度な技術を必要となりますので、信頼できる病院やかかりつけ医を探して、不安の残らない治療と手術を行ってもらうといいでしょう。

スポンサーリンク