子宮内膜症と不妊の関係?

MENU

子宮内膜症と不妊の関係?

子宮内膜症,症状

子宮内膜症は、不妊との深い関係もあると言われています。不妊から考えると、本当のところは子宮内膜症が原因であるとハッキリしていない部分がありますが、子宮内膜症の場合は子供が出来づらいという問題はぬぐえないようです。

 

不妊症で悩んでいる人が検査をしてみると、子宮内膜症では?と思われる人が、不妊症患者全体の2割〜4割程度が該当するようです。

 

パーセンテージは高いですが、不妊=(イコール)子宮内膜症ではなく、妊娠がしづらくなる要因の一つではあるということのようですね。

 

スポンサーリンク

 

不妊症と子宮内膜症

子宮内膜症,症状

なぜ、妊娠しづらくなるのでしょうか?

 

まず、不妊症について簡単にお話します。
不妊症とはあくまで目安ですが、避妊せずに2年以上妊娠しないことを言います。

 

ちなみに、現在、不妊症ではないかというカップルは、10組に1組が該当すると言われています。

 

不妊の原因は、男性、女性側の双方に見られるようです。

 

男性側からみていくと、精子を作る機能に問題がある場合と精子の通り道に問題がある場合などの内因的なものが外因的なものよりも大きいようですね。

 

女性側の場合では、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンのストレスや、キレイに痩せたいという思いのダイエットによるホルモンバランスの乱れから起きる排卵障害や排管障害があります。

 

その他に、黄体ホルモンの分泌抑制や子宮筋腫、子宮頸管の精子通過障害、受精卵の子宮着床がしづらくなることも理由となっているようです。

 

繊細な女性は、上記のように外因的と内因的から来る2つの要因があるようですね。

 

女性も男性も、複雑に絡み合った要因があり、なかなか解くもの一筋縄ではいかないものです。

スポンサーリンク