子宮内膜症の一つである子宮腺筋症とは?症状は?

MENU

子宮腺筋症とは?症状は?

子宮腺筋症のことを聞いたことありませんか?あまり聞き慣れない病名だと思いますが、実は、子宮内膜症の一つなのです。
以前は子宮内膜症とは別な病気だと言われていた時もあったようですが、現在は子宮内膜症の一つに分類されています。

 

ここでは、子宮腺筋症について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

子宮腺筋症とは?

子宮内膜症は20代に増加してきているのですが、子宮腺筋症となると30代後半〜40代後半の女性に多く見られるようです。
閉経とともに発生数が減少してきます。

 

子宮内膜より奥の子宮の筋層内に潜り込んで、増殖していく病気です。
筋層内に発生した子宮内膜という組織が、月経周期に合わせて増殖したり出血したりと繰り返します。

 

周期的に出血するので、子宮の壁が少しずつ厚くなり硬くなっていき、子宮自体が徐々に大きくなっていくのです。
病気の進行とともに一つの塊になって子宮筋腫のように見えたり、子宮筋腫との合併も多いことが分かっています。

 

 

子宮腺筋症の症状は?

代表的な症状は、月経痛と過多月経、下腹部痛など子宮内膜症とあまり変わりません。
なかでも特有症状なのは月経痛と過多月経。

 

子宮が固く大きくなっていくと月経量が多量になり、子宮の筋肉が引き伸ばされて強い痛みが伴うのです。

 

一般に月経時の出血は子宮筋層の収縮によって止まるのですが、子宮腺筋症の場合は収縮が悪いため出血が止まりづらいのです。
重症の場合、月経が終わっても下腹部痛が続くようになります。

 

月経周期と関係なく下腹部痛がずっと続くようなら、それは子宮腺筋症と疑ってみてください。
過多月経の症状が続くと、貧血を起こしやすくなるので注意が必要です。

 

子宮腺筋症は増殖と出血の繰り返しにより、子宮が変形することがあります。
それが不妊や流産の原因になると言われています。

 

ちなみに子宮腺筋症の治療ですが、基本的に子宮内膜症に準じて実施していくことになります。

スポンサーリンク