子宮内膜症のできやすい場所は?

MENU

子宮内膜症のできやすい場所は?

子宮内膜症,症状

子宮内膜症は、月経時に子宮内膜が剥がれ、体内から出されるはずの血液が残って逆流してしまうと、他の場所に居ついてしまう病気です。不思議なことに、子宮内膜症にはできやすい場所があることをご存知でしょうか?

 

出来やすい場所の1つに、卵巣があります。

 

診察時に、溜まった血液がチョコレートのように見えるらしく、かわいいネーミングですが、チョコレート嚢胞(のうほう)とも呼ばれます。
この病状が進むと、月経時以外でも腰痛や下腹痛を覚えるようになります。

 

卵管も血液が逆流する時の通り道になっているので、子宮内膜症が出来やすい場所です。

 

子宮内膜細胞が作った内膜組織が卵管を塞いでしまうことから、子宮外妊娠や子供が授かりにくい原因になりますね。

 

子宮筋層内に内膜細胞が潜り込み、進行すると握りこぶし大の大きさの子宮肥大が見られるような子宮腺筋症という病気から、筋層内に出来る子宮筋腫との併発も考えられます。

 

子宮と直腸の間のくぼみにできる子宮内膜症は、癒着時に排便痛や月経痛、性交痛などの症状が出ます。

 

直腸の近くにできたものは、排便痛や痔かな?と思ってしまうかもしれない血便や下痢の症状がみられます。

 

膀胱の近くにできたものは、圧迫されていますので、頻尿、排尿時に痛みがあり、血尿が出る時もあります。

 

その他には、非常にまれですが、胸膜や肺にも子宮内膜症は出来ることもあります。

 

上記のように、子宮内膜症は一つの病気ではありません。
いくつかの子宮内膜症群がありますが、それらをまとめて子宮内膜症として呼ばれています。

 

月経時に激しい痛みがいつになってもよくならない時には、『子宮内膜症かも?』とまずは疑ってみたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク