子宮内膜症の手術費用は?

MENU

子宮内膜症の手術費用は?

子宮内膜症の手術費用は?

みなさんが一番気になるのは、子宮内膜症を治療するのに必要な手術費用ではないでしょうか?
子宮内膜症の手術費用は、入院費用と合わせると30万円前後が相場です。
子宮内膜症と診断された場合、治療法はいくつかありますので、その方法によって費用が変わってくることも…。

 

スポンサーリンク

 

治療内容によって費用が変わる?

まず早期で見つかった場合などの治療法は、薬物療法です。
これは女性ホルモンを抑制することで、仮に妊娠させた状態や更年期障害の状態にしてしまうというものです。
これによって内膜が小さくなる効果を得ることができます。

 

次に子宮内膜症の手術でも体に負担が少ないとされる、腹腔鏡手術です。
これだと子宮全体を除去する必要がありません

 

最後に一般的な手術方法でメスを入れる方法です。
こちらは当然、開腹手術ですので体に負担はかかります

 

子宮内膜症の手術費用ですが、どの方法だったら経済的に費用を抑えられるのか?
医療機関によって異なりますが、実は、手術だけを考えるとあまり変わりません

 

どの方法でも10万円前後が相場です。違ってくるのは入院日数による差です。

 

たとえば、開腹手術を受けた場合、当然ながら入院日数が長くなるので食事面やその他の金額が加算されます
一般的に30万円前後は必要と言われています。

 

ただし医療保険など個人で加入していればお金が出るでしょうから、実際は全額負担ということは考えられません。

 

でも開腹手術は、体に負担がかかるものでメスを入れるのですから、決して良いものではありません。
できれば避けたいですよね。

 

体の負担や子宮内膜症の手術費用を抑えたいのであれば、やはり早期発見しかありません。
定期的に婦人科の診察を受けることが子宮内膜症の早期発見、早期治療につながります。

スポンサーリンク